本文へスキップ

保育士の資格を取得できる通信制大学・通信制短大。最短&安い費用!働きながら保育士資格になるには?

トップページ保育士に関するコラム > 高卒者の保育士資格の取り方

高卒者の保育士資格の取り方


保育士になるためには資格が必要です。基本的な資格の取得方法は、1.保育士試験を受験する、2.保育士養成機関(短大や大学など)に通う、の2パターンですが、最終学歴によっても資格取得までの道のりが異なります。ここでは、高卒の方が保育士資格の取り方をお伝えするので参考になさってください。


厚生労働省認定の保育士養成機関(短大・大学など)に通う

高校卒業後に保育士の学科がある短大や大学、もしくは専門学校に通い、必要単位を取得することで卒業と同時に資格を手に入れることができます。

養成機関には、全日制と通信制があり、どちらも高校を卒業していれば入学ができます。ただし、全日制の養成機関は費用がそれなりに嵩むのも事実ですし、働いている方などはスケジュール上、通えませんね。

そのような方のために、最近では通信制の大学で保育士を目指す方も増えています。通信制の大学では、自宅学習、スクーリング及び実習にて必要単位を修得でき、通常の養成機関同様、卒業と同時に資格が取得できます。


実務経験を積む

高卒で保育士の資格を取得するもう一つの方法に、卒業後に実務経験を積み保育士試験の受験をするというものがあります。

高卒で保育士試験の受験資格を得るには、児童保育施設で2年以上且つ2880時間以上の従事実績が必要となりますが、この条件さえ満たせば受験の資格を認められ試験を受けられます。

とはいえ、実際の保育士試験の合格率は毎年10〜20%と高くありません。2年以上の従事実績を作り、そこからさらに難しい試験の勉強をするとなると相当の努力が必要なため、高卒で保育士を目指す大半の方が大学などに通い資格取得をしている状況です。

ただし、1991年3月31日以前(2016年時点で42歳の方)に卒業をしている方の場合には、高卒でも無条件で保育士試験受験の資格があります。このため、試験にさえ受かれば保育士になれます。


保育士の資格について

保育士の資格を取得した後は、保育園もしくは保育機関が設けられている病院などで働くことができます。主な仕事の内容は、保護者などに代わり、幼児の教育をすることが主なものになります。現在、女性の社会進出が目立つ日本においては、保育園に子供を預ける家庭も増え続けています。この状況はこの先変わることがないとも言われていて、必然的に保育士のニーズは今度さらに高くなるとも言われています。保育士の資格は更新制度がないため、一度取得をすればその後に再受験や定期的な研修などに参加をする必要がないことも保育士の資格が人気の理由となっています。


通信制短大

上記の通信制短大は卒業と同時に保育士資格を取得できます。ただし、愛知産業大学短期大学(2年)は保育士試験に合格しないと保育士資格を取得できません。


保育士になれる学校の費用を比較!

資料請求

関東

東京福祉大学/短大詳細卒業しやすい

聖徳大学詳細最短2年、保育士&幼稚園教諭1種

聖徳短大詳細)、帝京短大詳細

明星大学詳細

中部

愛知産業大学短大詳細

関西

豊岡短大詳細 高卒から最短2年

佛教大学詳細)、神戸親和女子大学詳細

姫路大学詳細)、国際吉備大学