本文へスキップ

保育士の資格を取得できる通信制大学・通信制短大。最短&安い費用!働きながら保育士資格になるには?

トップページ > 保育士になるには > 主婦から保育士

主婦から保育士になるには何が必要?


保育士になるには資格が必要となります。

資格取得には、保育士になるための試験を受ける(国家資格)方法と厚生労働省認定の保育士養成校(短大・大学・専門学校など)に通い単位を取得する方法がありますが、同じ専業主婦であっても最終学歴によって資格取得までの道のりが異なります。

ぞれぞれの学歴別の資格取得について見てみましょう。


四年制大学・短期大学卒業している主婦

大学もしくは短大を卒業している方に関しては、たとえ保育士と関係のない学部や学科の卒業であっても保育士試験の受験資格があります。このため、独学で保育士の勉強をして試験に臨むことも可能です。

ただし、保育士の試験は独学では難易度が非常に高いことで知られているため、多くの方は、通信教育もしくは専門学校などに通い受験対策をされるようですね。

また、専門学校卒業の方に関しても、学校教育法に基づく学校であり修業年数が2年以上のカリキュラムとなっていれば、たとえ保育士と関係のない学校であっても卒業と同時に保育士試験の受験資格が認められます。

つまり、高校卒業後に何かしらの教育機関に2年以上通っている方は、保育士試験の資格が自動的に手に入るということになります。

短大卒から保育士を目指す方におすすめ通信制大学

専門学校卒から保育士を目指す方におすすめ通信制大学


高校を卒業している主婦

平成3年度に法律が改正されたことで、同じ高卒の方でも卒業の時期によって受験資格の有無が異なります。

具体的には、平成3年3月31日以前に卒業をしている方の場合には、保育士試験受験の資格があります。このため、先述の大学もしくは短大卒業の方と同様、試験にさえ受かれば保育士になれます。

一方で、平成3年3月31日以降の卒業の方に関しては、残念ながら受験資格はありません。このため、厚生労働省認定の保育士養成校に通い資格を取得することになります。

ただし、高校卒業後、児童保育施設で2年以上且つ2880時間以上の従事実績があれば、受験資格が認められます。このため、受験をして保育士を目指したいのであれば、児童保育施設で働き、従事経験を得ることが必要になります。

高卒から保育士を目指す方におすすめ通信制大学


中学校卒業の主婦

最終学歴が中学校で保育士を目指す場合には、卒業後、児童保育施設で5年以上且つ7200時間以上の従事実績があれば保育士試験の受験が認められます。

このため、中学校が最終学歴で保育士になりたいと考える場合には、高等学校に通った後に保育士養成校に進むか、もしくは、児童保育施設で5年以上働き、従事した実績を作ることで資格取得が可能となります。

保育士資格なしで保育園で働いた体験談


主婦の子育て経験を活かす

専業主婦から保育士資格を取得して保育士になった人はたくさんいます。『子育て経験を活かした就職をしたい』と考えたとき、子供の面倒をみる仕事である保育士は自分にもできそうな気がしますよね。

実際に、子育て経験は保育士の仕事に役立ちます。また、初めての子供で子育てに悩むママに対して、同じ母親の立場からアドバイスもできます。

主婦にはこの保育の資格も人気!英国チャイルドマインダー!保育士より短期間で取得できます。


保育士になれる学校の費用を比較!

資料請求

関東

東京福祉大学/短大詳細卒業しやすい

聖徳大学詳細最短2年、保育士&幼稚園教諭1種

聖徳短大詳細)、帝京短大詳細

明星大学詳細

中部

愛知産業大学短大詳細

関西

豊岡短大詳細 高卒から最短2年

佛教大学詳細)、神戸親和女子大学詳細

姫路大学(詳細)、国際吉備大学