最短2年!イチバン人気はココ!

保育士プラス幼稚園教諭免許を取得したほうがよい3つの理由

保育士資格に加えて、幼稚園教諭免許も取得したほうがよいのかな?

すでに保育園で働いている保育士、これから保育士資格を取るか迷っている人へのアドバイスです。

⇒通信制大学では保育士と幼稚園教諭のダブルライセンスが目指せる

こども園では保育士+幼稚園教諭の免許が必須

こども園で働けるのは保育教諭

保育士の資格は持っているけれど、幼稚園教諭の免許は持っていないという人は一定数存在します。

もともと「厚生労働省管轄の保育園で働く保育士」と、「文部科学省管轄の幼稚園で働く幼稚園教諭」は似て非なるもの。

保育園での勤務なら保育士の資格だけでも問題なかったのです。

しかし近年改正認定こども園法が成立し、就学前の子どもに保育と教育を総合的に提供するこども園という新しい施設が増えています。

こども園で働くのは保育士でも幼稚園教諭でもなく保育教諭と呼ばれる人たち。

保育教諭は保育士と幼稚園教諭の両方の資格を持つことが原則とされています。

⇒認可保育所・認可外保育所・認定こども園…違いとは?

保育園と幼稚園が統合してこども園になるケースも増えている

自分が今働いているのは保育園だから、幼稚園教諭免許は必要ないとも言い切れません。

少子化の影響、幼保一体化の流れを受け、地域の保育園と幼稚園は次々と統合されて、こども園となっています。

自分の働いている園がいつこども園に変わり、幼稚園教諭免許が必要になるかわからないのです。

平成31年度末までは幼稚園免許が取りやすい特例制度が使える

認定こども園にて働く幼稚園教諭免許のない保育士の立場を考慮し、平成31年度末までは措置期間とされ、保育士資格しかない人でも認定こども園で働くことができます。

また政府は保育教諭の数を確保するため「幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例」という制度を設けました。

この制度の元では「3年以上かつ4,320時間以上」の実務経験を持つ保育士なら、指定の教育施設で特例教科の科目を勉強することで幼稚園教諭免許を取得できます。

特例制度を使っての勉強は普通に幼稚園教諭免許を取得するための勉強よりも時間的・費用的な負担が少なくなっています。

制度対象者に当てはまる保育士は特例制度が使える間に幼稚園教諭免許を取っておくことをお勧めします。

⇒保育士資格保有者必見!特例制度を実施している学校一覧(幼保特例制度.com)

幼稚園教諭免許は更新の必要あり

ただし幼稚園教諭免許を持つことは一つ面倒ごとを増やすことにもなります。

教員免許には更新制度があるからです。

保育士の免許は一度取得してしまうと失効することはありませんが、幼稚園教諭免許の場合は有効期限内に更新講習を受講して、免許の有効期間を延長する必要があります。

幼稚園教諭免許の更新講習にかかる費用は自腹で払うことが多く、損した気分になるかもしれません。また、更新講習は平日に行われることもあるため、わざわざ仕事を休んで出向かなければならないところも面倒です。

しかし、講習を受けないとせっかく持っている幼稚園教諭免許が使えなくなってしまいます。幼稚園教諭免許の保持を条件に働いている場合は、早めに更新講習を受講しましょう。

⇒幼稚園教諭免許の更新の詳細はこちら!(幼稚園教諭net)

最後に

保育士にとって幼稚園教諭免許は保育教諭の措置期間である平成31年度末までに取得するのがお勧めです。

幼稚園教諭免許には更新制度という面倒さはあるものの、持っていることで活躍できる範囲は確実に広がります。

⇒通信制短大で保育士と幼稚園教諭をダブル取得したリアル体験談。