本文へスキップ

保育士の資格を取得できる通信制大学・通信制短大。最短&安い費用で保育士資格を取得するには?

トップページ > 保育士になるには > 短卒から最短で保育士になるには

短大卒から最短で保育士になるには


保育士資格の取得方法

短大卒の方が保育士になるには、

厚生労働省に認定された養成施設(大学・短大・専門学校・通信制大学)を卒業ことで保育士資格を取得。

保育士試験を受験して合格、保育士資格を取得。

短大を卒業している場合、保育士資格の取得方法は2つあります。

わかりやすい図でみる保育士のなり方


通信制大学で保育士資格を取得するには

通信制大学のメリットは、大学卒業と同時に無試験で保育士資格を取得できること。それから、大卒の学歴も手に入れられること。 

短大卒の方が保育士になるために通信制大学に入学する場合、編入学制度を利用して、2年生もしくは3年生に入学することができます。編入学することで、学習期間を短く、学習の負担を軽くすることができるメリットがあります。

ただし、保育士資格を取得する場合は少し事情が複雑です。短大を卒業していても3年生に編入学できる通信制大学は聖徳大学のみです(最短2年で卒業)。2年生に編入学できるのは東京福祉大学だけ(最短3年で卒業)。

その他の大学では、保育士資格の希望者は1年生に入学することになります。編入制度がある大学でも保育士資格の希望者は編入制度を利用することができません。

ただし、多少の優遇措置はあります。たとえば、佛教大学では卒業した短大での単位を一律62単位認定してくれます。つまり卒業まで4年かかりますが、学習面でに負担は軽くなるということです。

なぜ保育士資格を希望する場合だけ、編入学制度が使えないのか調べてみました。どうやら近畿厚生局の指導によって、保育士資格をめざす場合は編入できないことになっているようです。

『短大は卒業しているのだから、通信制短大に編入学して1年で卒業して保育士資格を取得できないのか』と思い調べたのですが、そのような大学は1校もありませんでした。

東京福祉短大では保育士希望者でも3年生への編入学できるのですが、最短でも3年間の履修が必要になります。であれば、大学に編入したほうがいいですよね。大学を卒業することで、保育士資格に加え大学卒業の学歴も得られるますから。

*「1年入学」・「1年入学」と表記していますが、どちらも同じ意味です。


保育士試験で保育士資格を取得するには

保育士試験のメリットは費用が安いこと。 

短大卒の方は、保育士試験の受験資格があります。通信制大学に入学しなくても保育士試験に合格すれば保育士になれます。

保育士試験の最短学習期間は1年〜、といわれていますが、平均合格率は19.3%とかなり低いため、1年で全科目合格できる人は極わずかです。筆記試験は9科目あり、1度合格した科目は3年間有効なので、3年間かけて合格を目指すのが無難な方法だと思われます。

保育士試験で保育士を目指すことの最大のメリットは、費用が安いこと。保育士試験の通信教育はだいたい5万円くらいです。デメリットは1人で勉強するので、続かないこと。

ユーキャン・保育士講座

費用:59,000円(分割払いあり)。教育訓練給付制度の対象講座なので、費用のの20%が支給されます。

2014年度保育士試験合格者数9,894名のうち、ユーキャン合格者数は1,603名! 約6人に1人はユーキャン受講生。しかも、受講生の86%が学習経験なし!初心者が安心して合格を目指せるカリキュラムになっています。


通信制大学

当サイトでは卒業と同時に保育士資格を取得できる通信制大学をお薦めしています。

上記の通信制大学は卒業と同時に保育士資格を取得できます。