最短2年!イチバン人気はココ!

保育現場での絵本は魔法のアイテム

保育現場での絵本はこんなに役に立つ

保育現場ではたくさんの絵本が必ず用意されています。

実は絵本というものは保育士の「困った」を助けてくれる魔法のアイテムなんですよ。

⇒歌が下手なら絵本の力を借りよう!

絵本は子どもとのコミュニケーションをスムーズにしてくれる

各自治体では0歳児検診の時に子どもとお母さんに絵本をプレゼントする「ブックスタート」という事業が広がっています。

どんなに小さな赤ちゃんでも、絵本を通して語りかけてもらうことで大人の愛情を感じ、笑顔を見せてくれます。

お母さんの中には「まだ人の言葉をしゃべらない子どもに、どのように接してよいのかわからない」という人もいますが、絵本という道具をつかうことで、自然と優しく語り掛けることができるのです。

これは保育士も同じです。

特に新米保育士の頃は会話ができないような小さな子どもに何と声をかけていいのか迷うこともあるでしょう。

そんなとき子どもの大好きな絵本を読んであげるだけで、いつの間にか子供とコミュニケーションが取れている…絵本にはそんな不思議な力があります。

⇒保育実習ってどんなことするの?絵本を読むこともあります。

10回の「静かに」!より、1回の「絵本、始まるよ」

絵本というのは1対1で読む場合と集団相手に読む場合があります。

少し分別が付くような年齢になってきたら、集団相手の絵本読み聞かせに挑戦してみましょう。毎日クラスで絵本を読む時間を決めてもよいでしょう。

子どもたちの間に「絵本を集団で聞く」という習慣が身につくと、とても不思議なことが起こります。

集中力がなく、がやがやと騒がしかった子どもたちが「はーい!絵本読むよ!」の一言で、保育士の周りに一斉に集まったり、静かに座り込んだりするのです。

怒り声で「静かに!」と何度も叫ぶより、優しく絵本を取り出す方がずっと効果があるのだから驚きです。

ただし「絵本を聞く」ことが義務ではなく、あくまで楽しみだととらえてもらえるように、子どもたちが喜ぶ読み聞かせを心がけてくださいね。

様々な発達や学習を楽しく促してくれる

絵本は言葉の塊です。特に小さい子向け絵本の言葉は同じようなシュチュエーションの言いかえが連続していることが多いもの。

子どもは絵本に出てくる言葉を何度も保育士とともに繰り返すことで、言葉の楽しさを味わうことができます。

そしてこれが言葉のスムーズな習得にもつながってきます。

またある程度大きくなると絵本に出てきた様々な物事に興味を示すようになります。

疑問を自分で解決できるように手助けしてあげることで、「調べもの学習」の基礎を作ることができます。

子どもたちお気に入りの絵本の世界を再現できるような工作に誘導してみるのも面白そうです。

絵本はこのように子どもたちの発達や学習を楽しく促してくれるツールなのです。

⇒手作りおもちゃを作ろう。

「絵本」のまとめ

絵本は保育現場に欠かせない重要アイテムです。

ただし絵本を選ぶときは、絵本に何かの役割を期待するだけでなく、「これは面白い」「子供たちに楽しんでほしい」という保育士自身のワクワクする気持ちを忘れないようにしましょう。