最短2年!イチバン人気はココ!

保育園を退職するなら決断はいつすればいい?仕事辞めたい保育士の本音

保育士が円満に退職できるのは基本的に3月

退職の意思は3か月前に伝えるべきというのは、転職業界でよく聞く言葉です。

しかし退職予定日が年度途中であった場合は、たとえ3か月前に退職を申し出たとしても、まず園長から難色を示されることは明らかです。

保育士は4月の入園式にはクラス担任として保護者に紹介され、顔を覚えられる存在。

保護者は1年間その保育士と付き合うことを前提にしています。

そして年度途中で退職する保育士はめったにいません。

つまり年度途中でいなくなれば、大変目立つうえ保護者にとって非常に不審がられることになるのです。

もちろん「出産のため」「夫が転勤するので」など、それ相応の理由があれば別です。

園側も保護者に明確に説明できますし、保護者も納得するでしょう。

しかし「園の人間関係につかれた」「安月給の割に重労働」などのネガティブな理由による退職の場合、保護者への説明がかなり困難になってしまいます。

一方で年度末ともなれば定年退職や転勤などで園を離れる保育士が出てきます。

その中での退職は年度内に比べてあまり目立ちません。

円満退職をしたいなら、年度末を退職日と想定したうえで計画を立てていきましょう。

保育園を辞める決断は早めに

退職日は3月末でも、保育園を辞める決断は遅くとも秋までにはしておきたいところです。

秋ごろに退職を決めておけば、早めに転職活動の準備を始めることができます。

別の保育園でまた保育士を続けたいと考えているなら、年明けの1月頃から求人情報に目を光らせておきましょう。

年度末に辞める保育士は多いので、年明けから春ごろにかけては保育士の求人が見つかりやすくなります。

また保育士とは別の仕事につこうとしているなら、より多くの準備期間が必要になります。保育士は資格職であるゆえ、他の業界に職歴を評価してもらうのが難しいのです。

次に就きたい仕事に関連する資格を取ったりとアピールポイントを増やすことが大切です。しかしこれには想像以上に時間がかかります。

退職の決断自体は年度始まりの4月中にしても早すぎることはないと思います。

退職の意思を伝えるのは秋?冬?

年度末に退職するとして、園側の負担を考えるなら退職の意思を伝えるのは秋ごろが良いと考えられます。

秋に退職予定が分かっていれば、園は冬から新年度を迎える春にかけて新しい人員の募集を行うことができます。

一方で秋に退職を表明してしまうと、冬の間の勤務がしんどくなる可能性もあります。

なぜ辞めるのかをしつこく聞かれたり、「どうせ辞める人」という冷たい扱いを受けたりする場合があるからです。

それが嫌なら1月あたりにいきなり「年度末に辞めます」と言い切ってしまう方法もあります。

保育園側には代わりを募集する期間の余裕がなく申し訳ないことになりますが、退職日がすぐ先に見えている分、残りの勤務を乗り切りやすくなります。

状況によっては年度途中退職もあり

ここまでの話を覆すようですが、体と心に深刻なダメージを追っている状態ならば3月退職にこだわる必要はありません。

たしかに年度途中退職は大変ですが、次の仕事ができなくなるくらいしんどい状況にあるなら、「自分が一番」と割り切って逃げてください。

実はいつでも仕事というのは辞められるのです。あなたがその気になりさえすれば。

保育園を退職するタイミングのまとめ

保育園を退職する決断はできるだけ早めに、そして園側に退職を伝えるのは秋から冬にかけてがよいでしょう。

人数不足の園では引き留めに合うことも多いので、一度退職を決めたら譲らない覚悟も必要です。