最短2年!イチバン人気はココ!

保育士は残業が多いって本当?実際に残業するのはこんなときです。

保育士の残業時間は園や立場によって様々

保育士といえば、残業が多く忙しいイメージを持っている人も多いでしょう。

実際保育士のほとんどは残業を経験していると思われます。

しかしその残業時間は園や保育園での立場によって様々です。

例えば園長副園長等管理職になれば、どんな保育園でもある程度の残業は覚悟しなければならないでしょう。

しかし役職のない保育士に対しては、なるべく定時に帰れるよう配慮してくれたり、残業した分を代休扱いにし他の日に休めるよう配慮してくれる場合もあります。

一方で残業が習慣化し、残業代が払われない「サービス残業」が横行しているような職場も存在します。

保育士になった以上は残業した分がしっかり評価される保育園を選びたいところです。

⇒保育士の役職手当、どんなものがあるの?

保育士の残業、どんなものがある?

延長保育のための残業

親の就労形態や子供の年齢によって、保育園で子供を預かる時間にはばらつきがあります。

この時間を決めているのが保育標準時間。

保育標準時間内の保育は保育士がシフト勤務をすることで埋められています。

しかし中には保護者の都合により、保育標準時間内にお迎えが来ない場合があります。

この保育標準時間を超えた保育は延長保育と呼ばれていますが、延長保育が発生するかどうかは事前にはなかなかわかりません。

そのため延長保育の時間は延長保育番の保育士が残業という形で引き受けることになります。

保育環境整備のための残業

日々の保育はその場の思い付きできるわけではありません。

みんなの前で読む絵本を選んだり、製作物の見本を製作したり、明日子どもたちが遊ぶ予定の小麦粉ねんどを作ったり…。

保育活動に熱心な保育士ほど、先のことを見越して入念な準備をします。

これらは子どもが帰った後、残業として行われることがほとんど。

また自宅に戻ってからピアノの練習をしたり、壁製作の作り物をするなんていう「持ち帰り残業」も保育士間ではよく見られる光景です。

書類作成のための残業

保育士が作らなければならない書類は保育の年間計画や月案、週案、行事記録、園だより、クラス便りなど膨大。

最近では情報漏洩を防ぐため自前のパソコンでの作業を禁止している園もあり、書類作成時のピークには職員室のパソコンが順番待ちになるほどです。

⇒意外?保育士は事務仕事もいっぱいあります。

行事準備ための残業

運動会や発表会ではたくさんの大道具、小道具が保育士の手によって手作りされます。

また園児の動きや行事スケジュールの確認など打ち合わせにも手間がかかります。

行事直前になれば、毎日が残業続きになるという保育士も多いのではないでしょうか。

また全体行事の場合、自分の作業が終わっても他の保育士がまだ残っているうちは帰りにくい…というプレッシャーから残業が長くなってしまう傾向も見られます。

どうしても残業したくないなら時間給保育士がおすすめ

このように保育士の残業は様々な形で存在します。

正規採用の保育士になれば、残業なしでの勤務はなかなか難しいでしょう。

どうしても残業したくないという人は、時間給での保育士(パートや派遣)での勤務がお勧めです。

時間給の場合は勤務時間とお給料が比例するので、残業を断りやすくなります。

⇒保育士の働き方。正職・派遣・パート・アルバイト

「保育士と残業」のまとめ

保育士の長時間労働の一因でもある残業。どの職種でもある程度の残業はつきものですが、体や心が限界を迎えそうならば、残業が少ない保育園を探したり、勤務形態を変える決断をしてほしいです。

豊岡短大通信スクーリング体験談 実際に豊岡短期大学通信のスクーリングに参加した体験談。ピアノレッスンは緊張しました。