最短2年!イチバン人気はココ!

あなたはどっちら向き?未満児保育と以上児保育

未満児保育

生活中心の保育活動

未満児保育(0歳、1歳、2歳)の保育は、個人の生活が中心です。

安全に一日を過ごし、規則正しい生活習慣をつけていく保育、個々人の発達状態を見守る保育をします。

以上児に比べ遊びのバリエーションや遊びの時間は少ないです。

発表会や運動会の演目も全くないか、出場時間が時間が短いため、物足りなく感じる保育士もいるかもしれません。

その分行事前でもさほど忙しくありません。

また未満児は複数担任であることが多いため、1人にかかる負担も以上児の先生に比べれば軽く済みます。

自身のお子さんが小さいなど家庭の事情がある保育士は未満児クラスの方が良いかもしれません。

⇒主婦の子育て経験を活かして保育士に転職できる!

個人差が大きい

未満児担当は保育士一人が受け持つ子どもの数が少ないので、子どもとの距離が近く、個々人に合わせた保育をします。

特に0歳児は午睡時間のほか午前寝をする必要がある子もいるので、保育士が集団的な設定保育をする時間は1時間もあるかないか。

ミルクを飲む子がいたり、離乳食の段階にも差があり、月齢による個人差が大きくなります。

⇒乳児院で働く保育士の仕事とは?

未満児保育のやりがい

1人1人の状態を正確に把握するのはなかなか大変なことですが、未満児保育のやりがいはその子の「初めて」を体験できること。

初めての一人歩きや、初めてのトイレ成功、初めての発話などを見ることができます。

長時間保育の子どもは、親より先に保育士の前で歩くなんてことが珍しくありません。

⇒保育士試験の受験資格がない人のための保育士資格の取り方。

以上児保育

自主的な活動を支援する保育

以上児保育(3歳、4歳、こども園なら5歳)は、集団生活と集団活動中心です。

保育士主導の未満児クラスと違い、子どもが自分で考えて動くことができるような活動を展開します。

お当番や〇〇係を取り入れ、子どもたちに仕事を与え、自立心が芽生えるように環境を整えていくのは以上児クラスならでは。

⇒幼保特例制度で保育士資格を最短で取得しよう。(幼稚園教諭限定)

保育+教育

また以上児になると保育面と教育面の両立が必要になってきます。

学校教育ほど明確な教育内容はありませんが、学習意欲の芽生えを促す活動を取り入れていきます。

日々の生活の中で自分の名前の文字を書きたいと思わせたり、時計を見て自分の活動を制御できるように援助していきます。

小学校との交流が盛んなのも以上児クラス。

小1プロブレムを解消すべく、小学校体験や給食体験を行う園もあります。

⇒学歴ごとの【最短】保育士資格の取得方法

大変だけどやりがいのある以上児保育

以上児は園の代表としての顔も持っていますから、地域の行事に参加する機会も多いです。

以上児クラスを担当していると休日にたびたび予定が入ることになるでしょう。

もちろん運動会、発表会では中心となって行事を盛り上げます。

そのため以上児クラスの担任はイベント前には大忙しになります。

大変なことが多いように見える以上児保育ですが、行事での子どもたちの活躍をみれば大きなやりがいを感じるはずです。

また、大きくなっても「先生!」と担当保育士のことをしっかり覚えていてくれるのは以上児クラスで担当した子どもたち。

未満児で受け持った子どもはいかにその場ではなついてくれても、大きくなるとすっかり当時の担任のことをわすれてしまうこともあるのです…。

⇒最短2年で保育士資格と幼稚園教諭二種免許を取得できるのは聖徳大学通信だけ!

まとめ

未満児クラス、以上児クラスあなたが向いていると思うのはどちらだったでしょうか。

ただ、仮に自分は○○クラスがいい!と思っていても配属を決めるのは園長達管理職です。

配属されたクラスで精いっぱい頑張れば、思いがけないやりがいを見つけることができるかもしれません。

⇒主婦に人気!保育士資格を取得するには?